本人には知らせないで密かに計画して本人のためのパーティーを開いたり本人にプレゼント送ったりするのは本人をびっくりさせて喜んでもらおうとするものだ。

本人としては全く期待していなかったことが起こるので一瞬戸惑う。

喜びに変わってくところ見ることによって計画した側も企画して始めた時からの楽しい気持ちが頂点に足して全ての努力が向く。

報われたと思いがするし、不意打ちのお祝いパーティーを企画して実行する人たちも準備する期間ずっと楽しんでいる。

秘密裏にしなくてはならないのでスリルがある。

悪いことをこそこそするのは見つかったときの恐れが気持ちの底にあるので精神的にもマイナスの圧力になる。

しかし楽しいことを隠れて準備する場合は見つかっていけないと言う圧力はなく、プラスの思考にのものになるから励みになっている。